​アプローチから続く玄関は小料理屋を思わせる雰囲気。そして一歩中に入ればレトロな空間に落ち着きます。柱梁はそのまま露出させるという木造本来の魅力を取り入れた内装に、カラーガラスが良いアクセントになっています。左官技で漆喰の壁や天井にあしらった装飾など、至るところにオーナー様のこだわりが込められています。
​ 大正ロマン、和の家
多治見市.N様邸
​POINT 
​ MORE IMAGES 
custom made house - case 015
​画像クリックで拡大表示

​Custom made                     house

CASE

015

  • Grey Instagram Icon
  • Grey Houzz Icon
  • Grey Facebook Icon

 〒470-0206  愛知県みよし市莇生町土取309-2

                            tosaji@feels-house.com